飼い主の悩み

健康管理は人間より大変なの

2014.06.19

犬や猫といったペットを飼っている人は少なくありません。 こうした人たちの中には、一戸建て住宅ではなくて、賃貸であるアパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる人も少なくないわけですが、そのような場合には、ペット不可であるようなところもあるので、そうした点では結構苦労しながらも、やはり、飼わずにはいられないということになるのでしょう。 そうした人の中には、ちょっと変った種類のペットを飼っている人もいなくはないのですが、やはり多くの場合、ペットといえば犬か猫、というのがほとんどだと言ってもいいでしょう。 この犬と猫の場合のいちばんの違いといえば、やはり、散歩の必要があるのかないのか、ということになります。 というのも、猫の場合には、犬のようにつながれることもなければ、散歩に連れて行く必要もないのに対して、犬の場合には、毎日の散歩が欠かせない、ということになるからです。 ところが、その飼い主が年老いてきた場合には、この毎日の散歩というものが困難なものになってしまう場合がある、という、実はかなり深刻な事態になってしまうこともあるのです。 そうした場合に、息子や娘、孫などがいてくれて、そのお散歩を代行してもらえるのならいいのですが、老夫婦だけになっていたり、さらには独り暮らしとなっているような場合には、以前にはできていた愛犬の散歩ができなくなってしまって、途方に暮れてしまう、という人も少なくないのです。 というのも、年老いて足腰が弱ってきてしまうと、場合によっては、杖をつかなければ歩行が困難になってしまうこともあるわけで、そうなってしまうと、以前には当たり前にやっていた犬の散歩が、したくでも出来ないという状態になってしまうのです。 しかし、こうしたことは、実際にそうなってみなければなかなかに実感できないことなので、いざそうなってみて、初めてどうしたらいいのだろうか、と途方に暮れてしまい、困ってしまった末に、とうとう愛犬を手放さざるを得なくなってしまった、という悲しい話もあるわけなのです。

主従関係できてないかも

2014.06.19

ペットを飼っていてしっかりと主従関係を築けているのかを疑問に思うことは誰しもあります。ペットは可愛いのでついつい甘やかしてしまい、思わずペットの言いなりなっていることもありますよね。しかし飼い主には可愛くて良いのかもしれませんが、ペットが他人にも自分の法が人間よりも偉いと思ってしまうと迷惑をかけてしまうこともあります。そうならないように甘やかすだけではなく、悪いことをしたら怒ることが重要です。人間とは違うので言葉が理解できず、難しいですが愛情を持ってしっかりと叱れば理解してくれます。また、良い主従関係にはお互いの信頼関係が不可欠です。良い信頼関係を築くには、まず自分が信じてあげることが何よりの近道です。そうすれば自然と信頼関係が生まれ、愛玩具としてではなく家族・パートナーとして一緒に生活することができます。主従関係をしっかりと築くことによって、これからの生活がより楽しいものとなることを願っています。

ペットの気持ちの本読んでるもんは

2014.06.18

犬や猫、ウサギや爬虫類などペットを室内で飼育することが非常に人気とされています。小さなお子さんのいるご家庭の場合では、情操教育にも役立つものとしても知られていて、現在ではペットを家族の一一員のようにして可愛がることも珍しいことではありません。そんな中、通常では動物と人間は会話を行うことができないために、時にはペットの気持ちが判断できないケースも見られます。長い期間にわたって飼育を続けいる方の場合、または動物の種類や性格によってはある程度を判断することはできますが、完璧ではありません。現在ではペットの気持ちが分かるとされている本なども発行されているために、実際に読んでみることによって、それまでは分からなかったことであっても、把握することができる可能性を持っています。長い期間を共に過ごす動物になるために、できだけ長生きすることを希望されている方も多くいます。その際には体調管理なども含めて本を活用することも良い方法になります。