家族の一員だから知ってるもの?

古くから人間は動物を飼い馴らし、仕事のパートナーとして活躍していました。水牛や牧羊犬、移動手段としての馬はご存知の方も多いでしょう。最近ではペットに役割を持たせるために飼うというよりは、愛玩動物として飼うという方が多いでしょう。しかし、ただご飯をあげるだけではペットの幸せに繋がっていないということもあります。犬は仕事をするのが喜びであるとも言われているため、指示してちゃんと出来たら褒めるということはしつけの一部にもなっています。ペットは家族の一員という考え方が定着して久しいですが、ペットのクオリティオブライフについて今一度考えてみましょう。ペットと一言で言っても様々な動物が飼われています。代表的なところでは犬や猫、うさぎ、小鳥、ハムスターといったところになるでしょう。これらの動物は飼育されている数も多く、ペットショップでも多く扱われています。そのため、動物病院でもこれらの動物を診ることができるところは多いです。一方で、は虫類やモモンガといった少し変わった動物の場合、診てくれる動物病院も限られてきます。一般的なペットショップで扱っていない動物の場合は、それだけ動物病院も限られてくると考えておくと良いでしょう。そして、それぞれの動物に適した飼い方があります。犬はしつけをすることで幸せを感じる生き物ですが、猫はしつけされることを喜びません。犬と猫ではまったく飼い方がことなってくるのです。食べ物に好き嫌いがある場合も犬は我慢して食べさせるのが基本ですが、猫の場合は食べてくれる食べ物を探すことになります。それぞれの動物にあった飼い方を学習することはペットが幸せに暮らすことへと繋がります。家族の一員とは言えども人間ではありません。人間が好きな食べ物をあげれば喜ぶわけではありませんし、物によっては身体に害があることもあるのです。それぞれの動物にあった飼育方法やしつけ、食事を考えなければなりません。